社会福祉相談センターロゴ
メイン画像

障がい者グループホームあじさい
東松山市、坂戸市、結城市
一般社団法人 社会福祉相談センター

障がい者グループホームあじさいの思い

私たちあじさいは障害をもつ利用者様の「自立したい」という想いと、ご家族様の「自立させたい」という想い、その両方を支えます。

すべての利用者様が、その人らしく生きる事を願い、学ぶこと楽しく遊ぶことを寄り添いながら、全力でサポートします。

あじさいニュース 2021年12月号 vol. 07

こんにちは、グループホームあじさい管理者の大木です。

今年も早いものでもう師走。暖かい冬が続いていましたので少し寒くなるだけで嫌ですね。

私は寒さがだいぶ苦手ですので早くも冬が終わってほしいと思っています(苦笑)

空気もだいぶ乾燥してきていますので健康管理や火の元には十分に気をつけましょう。

先月11月は、あじさい茨城ブロック、埼玉ブロックにて防災訓練を行っています。

火事を想定して、避難訓練や消火の模倣訓練、通報訓練などを行いました。

参加する利用者様へは注意してほしい所を説明し、煙から逃げる方法など1人1人に丁寧にお教えています。

同時に油断をして訓練中に怪我を負ったり、事故を起こしてしまったりしないように、周りの状況もしっかり確かめながら行う事等、職員にも徹底。無事に全棟の訓練を終えることができました。

これからも万が一のことはしっかりと準備をしていきたいと思います!

以上、あじさいニュースでした。

あじさいニュース画像

訪問看護サービス付き障がい者グループホーム

障害者グループホーム(共同生活援助)は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)第5条第1項に規定された障害福祉サービスの一つで、障害のある方に対して、主に夜間において、共同生活を営む住居で相談、入浴、排せつまたは食事の介護、その他の日常生活上の援助を行います。

また、障害者総合支援法における障害者の入所施設からの地域移行の受け皿として機能しています。

障がい者グループホームの対象者

障害者総合支援法が定義する「障害者」に該当する人です。特に、知的障害や統合失調症などの精神障害のある人の利用が多いとされています。

「身体障害者」の場合は65歳未満の人、または65歳に達する前日までに障害福祉サービスやこれに準ずるサービスを利用したことがある人に限られます。

グループホームあじさい6つの特徴

① 夜間支援施設

毎日夜間スタッフが常駐しているので安心です。

② 土・日・祝日も対応

土・日・祝日のお昼もスタッフが対応しますので安心です。

※ こちらのサービスは、日中支援に対応したサービスになります。

③ 定員4名の少人数制の快適生活

定員4名なので細かな配慮が行き届きます。(エアコン完備)

④ 4名定員の少人数制の手厚い支援

お小遣い・お薬管理など、4名定員の少人数制だから手厚い支援を行います。

⑤ 日中の支援

日中の支援もいたします。

⑥ 訪問看護サービス

訪問看護サービスを取り入れています。

※ こちらのサービスは、訪問看護は医師の指示書がある方、または希望者へのサービスとなります

安心・安全に生活していただくための取り組み

当グループは常にご利用者様とご家族の立場に立ち、安心して過ごせる生活の提供といつまでも笑顔で元気に過ごせるような最善の支援を、経験豊かな女性スタッフが中心となり目指しています。

また、アセスメントシートや個別支援計画の使用を徹底し、利用者様1人1人に合った生活環境を提供します。

支援記録

支援記録を毎日記入し体調の変化や状態の変化を早期発見できるよう努めています。

感染予防・緊急時対応マニュアル

感染予防・緊急時対応等の各種マニュアルを作成し、安全な日常の場を確保します。

自立生活援助

自立した日常生活を送る手助けをします。

24時間365日対応

利用者様が施設で暮らしている時は、24時間365日スタッフが対応にあたります。

看護師常駐・訪問看護サービス

看護職員が在中又は訪問看護サービスを取り入れ、利用者様のお世話及び生活支援員、世話人への指導も行なっております。

医療機関との提携

近隣の医療機関との提携を行っています。

埼玉ブロック:岸澤内科精神科医院

茨城ブロック:医療法人社団同樹会結城病院、かいだ歯科医院

一般社団法人 社会福祉相談センター

埼玉事務所:埼玉県東松山市東平1753-1

茨城事務所:茨城県結城市田間1523

ajisai@syakaifukushi.org

Copyright© 一般社団法人 社会福祉相談センター